読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生もお金も海外分散する話

日常生活、海外生活、資産運用など思いつくまま語るブログ

有給休暇の取得について

その他

有給について疑問に思う事があり、ちょっと調べてみた。参考にしたのはこちら。

 

年次有給休暇を取るには会社の承認や許可が必要か of 年次有給休暇のポイント

罰則あり!誤解の多い有給休暇を詳しく解説(就業規則の規定例あり)

 

法律上、有給休暇の権利は労働者に有り、会社が許可する、承認する、という概念は無いとのこと。後は、個々の会社の就業規則でどう規定されているか、だ。

自分の会社の就業規則を調べると、確かに、上司の承認が必要とはどこにも書いていなかった。会社には時季請求権がある、という記載が有るのみ。休暇理由の記載も義務づけられていないので、ワークフローなどで休暇申請する際、「私用」とすればそれ以上聞かれることはない。上司は休暇承認しているように見えても、実際には、休暇時期を確認しているに過ぎない。極論を言うと、40日有給休暇が残っていたら、「私用」として一気に行使して2ヶ月近く休むことも可能だ。

取得時期について事前に上司に相談する場面はあっても、会社側が、繁忙期である事や、代替要員が確保出来ないことを理由に取得を拒否する事は出来ない。もちろん、長期有給休暇の取得を理由に査定に影響が出る事があってはいけない。これほど手厚い法律があるのに、それでも世の中には有給を取得し辛い会社が多いのは何とも皮肉な話だ。よほど、就業規則で厳しい規定があるのだろうか。

上司などに、取得時期について相談するのは、個人の常識にかかっている。常識というのは曖昧な概念なので、個人的には規定があったほうがいいと思う。

 

一度、就業規則の休暇規定について、じっくり読まれることをお勧めします。