読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生もお金も海外分散する話

日常生活、海外生活、資産運用など思いつくまま語るブログ

外国税額控除、申告してよかったのか?

税制

税務署に確定申告の書類を提出してきました。外国税額控除のところ、自信がなかったので質問をしていたら、書類は特に問題なかったのですが、、

 

職員A「住民税が上がる場合もありますのでご了承ください」

私「え、そうなんですか?申告分離課税を選択している場合でも?」

職員A「はい、特定口座で源泉徴収しているので本来は申告は不要なのですが、あえて申告することで所得が上がりますので」

私「それって影響額はここではわかるんですか?」

職員A「私もインターネットで調べないとなんとも。。」

私「そうですか、、まぁでも小額ですし、だ、大丈夫かな。。(根拠レス)」

 

と、申告してよかったのかどうかわかりません・・。どれくらいの金額だったら影響あるんだろうか・・。

 

源泉徴収票も、原本を貼付けるとは知らず、コピーを持ってっちゃいました。押印も忘れていたので、一度帰宅し(近いからいいけど)出直しました。

 

いざ提出の折、

職員B「控えはお持ちですか?」

私「え、持ってきてません」

職員B「控えをお持ちの方には一緒に受付印を押します、後から持ってこられても対応出来ませんので」

私「そ、それは何か効力があるのですか?」

職員B「特にそういうわけではありませんが、皆さんお持ちになることが多いです」

 

知らなかったよそんなこと。でもまた帰宅するのも面倒だったので、いいことにしました。

 

提出が終わったはいいですが、なーんか不安を覚える確定申告でした。

 

ちなみに、配当金は合算で大丈夫でした。米国の株は配当金が四半期毎なので、一つ一つ書いてられません。補足資料があればOKのようです。日付はやはり適当でよかったみたいで、私の場合、納付確定日と納付日を12/9にして、所得の計算機間を1/1-12/31にしてましたが、補足資料があるので大丈夫なようです。