読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生もお金も海外分散する話

日常生活、海外生活、資産運用など思いつくまま語るブログ

カード決済とお買物事情

f:id:monibell:20170308212004p:plain

米国オフ会でも少し話題にしたのですが、米国のカード決済とお買物についてのお話です。

 

アメリカの銀行カードには、debit機能とcredit機能があり、スーパーで買物に行ってカードを提示すると、"Debit or Credit?" と聞かれます。debitはすぐに引き落とされるので、それが嫌ならcreditを選べばいい。debitを選ぶとすぐさま、"Cashback?"と聞かれます。今買物してお金払おうって時に、なんでキャッシュバックなの?と。

 

後からわかったのですが、例えば銀行カードで$50買物したとして、$100キャッシュバックをお願いすると、その場で$100現金がもらえて、銀行口座から$150が即決済されるのですよね。手数料もかからず、いちいちATMから引き落とさなくてもすむのでとても便利でした。日本でも早くこのサービスが始まるといいのに。

 

カード社会の米国では皆さん現金は持ち歩きません。お財布に入っている現金はせいぜい$20-60くらいじゃないかなぁ?買物はほとんどカードで決済します。最初に驚いたのはスターバックスでの体験でした。友人達とお茶をしにいった時、たった200円相当のコーヒーをカード払いにしている人がいて、そんな小額をカード払いする方もすごいけど、受け付ける方もすごいと思ったのですよね。

 

10人でランチしたときは、一人$15くらいだったのですが、なんと全員カード払い。一つのbillに対し、カードを10枚挟んでウェイターへ。それぞれ複式伝票をもらいサインして決済。さすがに苦笑いされたような気がしますが、何の問題もなく処理して頂きました。ちなみにこれがサイゼリヤだったら、いくらになろうと何人いようと、一括現金払いのみです。ま、あんなにリーズナブルなお店、米国にはありませんけどね。チップだって20%くらい払わないといけませんしね。

 

カード決済したものは、返品も難しそうですが、これまたスムーズ。慣れているようです。返品といえば、交換や返品は気軽に受け付けてくれます。タグを切った後の洋服でも全く問題ありません。洋服でも靴でも、試着したものすら気軽に返せるのはさすがに驚きです。理由?なんでもいいみたいです。返却期間?さぁ・・・1-2週間平気じゃないですかね。一時帰国した友人が、日本は返品が難しくて嫌だと言ってましたが、いやいや、彼の国が特別ゆるいんじゃないでしょうか(笑)。あの気軽さに慣れてしまうと、窮屈に感じるのでしょうね。でも、同じサイズ番号なのに、スカートのウェストの大きさが違うとか、ないからさ、日本は。

 

というわけで、カード決済は進んでいるけど、買物は実にゆるいというお話でした。米国から初めて日本に来る人がいたら、現金がたくさん必要なことと、買物する時は慎重にね、を伝えてあげるといいですよ。

 

余談ですが、やはりVはワイド・モート株だと思います・・。人口増える国で、しかもカード社会で、やっぱりね、強力ですよね。ではでは。

 

Have fun!